エスクロー保証でよけいな工事、不当な工事費請求を排除。第三者の建築士事務所はお客様の味方、代弁者です。

屋根ソーラー・エスクロー保証付ソーラー発電工事・リフォーム・大規模修繕工事のご案内

建築士事務所募集

建築士の皆様


 わたくしたちの趣旨に賛同いただける一級建築士事務所を募集しております。➡ 申し訳ございませんが、ただ今、募集を休止いたしております。

 1980年代までの高度成長時代のあと、成長の失われた20年が続いています。80年代は戸建新築が100万戸から120万戸ありましたが、今は半分の時代。世帯数より住居数が多い時代ですから新築が減るのは当然といえば当然です。こうした中で家屋の寿命は欧米並みに100年住宅に向かおうとしていますが、それには家屋のメンテナンスが必要となります。

 国土交通省は2012年春にリフォームトータルプランを打ち出しました。景気も悪い中で消費者のニーズも古い家を建て替えるよりリフォーム、リノベーションを検討するようになりましたが、ネットでみてもリフォームの苦情の多いことがうかがい知れます。それは消費者のリフォームへの不信感であることにつきます。リフォームトータルプランではそうした背景からのプランとしており、さまざまな可能性と施策案を提示しています。

 わたくしどもでは消費者がリフォームに多くの不安を持っていることに対し、それは消費者の思いがうまく施工者に伝わっていないこと、施工者の一方的な仕事の進め方にあると感じております。これから必要なことは客観的な第三者のアドバイスと本来の施工監理であり、その解決にはどうしても建築士の関与が必要であると考えています。

 建築士は新築ですばらしいデザインを見せることが仕事であるかのように世間では思っています。建築士の本来の仕事は設計と監理でありますが、単独監理業務についてはこれまで建築士自身も積極的ではありません。そしてリフォームの設計・施工は新築よりもむずかしいということがあまり知られておりませんので、消費者はリフォームを安易に考えています。そのことがこれまでリフォームの苦情の多い一つの要因となっています。

 これからは消費者の声をしっかり聞いて、愛着のある土地とマイホームに永く住んでいただけるよう、技術的にも研鑽を積みながらこのリフォームトータルプランの一翼を担おうではありませんか。

 いま、日本は地方分散型社会をめざそうとしており、建築士の仕事も地方の伝統の中に新しい工夫と創造があるはずであり、そのために、わたくしたちは全国に一級建築士事務所のネットワークを構築したいと考えております。

 監理業務は施主から委託を受け施主の立場でおこなうものであり、施工者とは独立の関係でなければなりませんので、参加事務所にはこの条件を求めます。また、担当建築士には年齢・性別を問わず、実務家の方にお願いしておりますが、ヒゲ、サングラス、茶髪の方はご遠慮いただいております。このことは、もともと建築士という専門性の高い立場にある側のお客様への心理的負担を軽減するための配慮であると考えご容赦いただきたいと思います。

 上趣旨ご賛同いただける方はまず、メールで下記の全国監理センター事務局へご登録ください。
該当地域での監理業務が出た時点でご連絡申し上げますので、その時に指定の関係書類をお送り頂き、その後事務局から契約関係書類をお送りいたします。


大変申し訳ありません。ただ今募集を休止いたしております。


登録記入事項(PCメール)
キャピタル信用保証株式会社
監理センター登録申込
 一級建築士事務所名
 管理建築士名
 担当建築士名(管理兼務は不要)
 事務所住所、
 電話番号、ファックス番号
 メールアドレス
 ホームページアドレス(あれば)


先ずはご登録を
キャピタル信用保証株式会社
全国監理センター事務局宛
info@capital-shinyo.co.jp  




後に送付頂く書類(郵送)
該当地域での業務が発生し事務局より連絡があった時点で次の書類を送付いただきます。
 管理建築士の記載のある書類(20条関係建築士事務所登録申請書等)のコピー
 所属建築士名簿(その2)(管理建築士を含む全員を記入)
 履歴事項全部証明書(3カ月以内のもの)
 担当建築士の建築士免許証(免許証明書)(A4版またはカード型)のコピー
 担当建築士の写真一枚(ホームページに写真がある場合不要)
 建築士賠償責任保険証券番号

審査のうえ登録に必要な契約書類等をお送り申し上げます。
   
建築士事務所の業務
 弊社が建築士事務所に委託する以下の業務およびそれに付帯する事務。(建築士事務所は弊社および施主とそれぞれ建築監理業務委託契約を締結します。)
 施主の委託を受けた監理業務。
 施主へのコンサルティング。
 工務店の選択。
 その他関係業務。
 施主のお客様を全国監理センター事務局を通じて建築士事務所に連絡いたしますので訪問していただき、お客様のニーズをしっかり把握し文書化します。その後は通常の工務店選び、請負契約へと進めます。

監理業務報酬
 国土交通省のガイドラインに従います。なお、工務店とお客様の請負契約までのコンサルティング等費用は建築士事務所の負担とし、請負契約が出来ない場合にはこのシステムからの費用は出ません。

先ずはご登録を
キャピタル信用保証株式会社
全国監理センター事務局宛
info@capital-shinyo.co.jp  



powered by Quick Homepage Maker 3.60
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional